食事制限や運動量を増やすことで、体重を落とすことはできても、バランスのよいプロポーションを作ることは難しいものです。
そのようなときに、脂肪を落としたい部分に注射して脂肪を除去する脂肪溶解注射は、部分痩せが難しい太ももなどの脂肪でも手軽に除去することができます。

さて、脂肪溶解注射には様々な種類がありますが、この記事で紹介するMITI(マイティ)は、脂肪溶解効果が高く、体への負担が少ないとして、多くの美容クリニックで採用されていますので、ぜひチェックしてみてください。

MITI(マイティ)とは

MITI(マイティ)は、外科手術などを行うことなく注射するだけで、脂肪を除去効果をもたらす製品で、韓国のHANS Biomedという医薬品メーカーが製造元です。

お腹まわりや太ももなど、脂肪を落としたい部位に注射して脂肪を溶解させる、メソセラピーと呼ばれる治療方法の一つで、下記に挙げるような有効成分によって、脂肪溶解作用だけでなく、筋肉の増強や治療後の炎症の予防などができる、リスクの少ないメソセラピーとして知られています。

MITI(マイティ)の成分

PPC (フォスファチジルコリン)

脂肪を溶かす主成分で、脂肪細胞の細胞膜を破壊し、中身のトリグリセリドを遊離脂肪酸として血管の中に取り出す働きがあります。もともとは、脂質異常症の治療薬として、血中コレステロールや中性脂肪を減少させ、脂肪の適切な代謝を促す目的で使用されてきました。

動物や植物の細胞膜を構成する成分として、自然界に広く存在しており、脂肪溶解注射では大豆から抽出された成分を使用しています。

L-カルニチン

L-カルニチンには、血中に放出された遊離脂肪酸を、細胞のミトコンドリアに運ぶ働きがあります。

PPCは、脂肪細胞を破壊する働きがありますが、そのままでは脂肪細胞から取り出された遊離脂肪酸は、再び脂肪細胞に取りこまれて元にもどってしまいます。

そこで、L-カルニチンが、遊離脂肪酸をエネルギー燃焼機関であるミトコンドリアに運搬し、脂肪酸の燃焼を促します。

デオキシコール酸

人間の胆汁に存在する胆汁酸の一つで、脂肪細胞の細胞膜を破壊する働きがあります。また、メソセラピーの主成分であるPPCは、リン脂質であるため水に溶けず、そのままでは使用できませんが、デオキシコール酸を添加することで可溶化し、注射液としての使用を可能にしています。

IGF-1(インシュリン様成長因子-1)

インシュリンに似た構造を持つタンパク質で、代謝を活性化させて、体の成長や修復に関わっています。成長ホルモンの量に応じて分泌されるため、加齢とともに減少していきますが、注射によって補うことで、組織の若返りを促します。

メソセラピーでは、脂肪溶解効果よりも筋肉を増強してハリを与えたり引き締め効果が期待できます。

Phyto-NEP(コーヒー酸複合ペプチド)

コーヒー酸とペプチドの複合体で、抗炎症作用や抗アレルギー作用に優れています。PPCやデオキシコール酸を使用したメソセラピーは、注射後の炎症が強く出る傾向にありますが、MITI(マイティ)はPhyto-NEPを配合しているため、他の方法よりも施術後の腫れや赤みが少なく体への負担が少ないと言われています。

MITI(マイティ)のメリット・デメリット

MITI(マイティ)で脂肪除去治療を受けるメリットとしては、脂肪吸引のように外科的な手術ではないので、注射跡程度の傷跡で済み、1か月程度かけて徐々に効果が現れるため、自然にダイエットしたように見える点があります。

また、他の脂肪溶解注射に比べて、注射後の炎症が軽度であるため、注射部分の腫れや赤みが少なくてすみます。
しかし、注射後数日程度は軽い腫れや赤みが生じるため、顔への注射には不向きです。

また、お腹周りや太ももなどに広範囲に皮下脂肪が多量についている場合は、脂肪吸引のほうが効率的であることもあります。

MITI(マイティ)の効果

取り除きたい脂肪の量や部位によって差はありますが、MITI(マイティ)の注射によってダイエット効果が現れるまでには、2~4週間おきに3~5回程度の注射が必要であると言われています。

注入量の目安は、はがき1枚分程度の大きさの部位に、MITI(マイティ)の原液1バイアル(5ml)です。MITI(マイティ)の効果をより引き出すには、注射後に代謝を促すため水分を多めにとったり、腫れが引いて注射部分が落ち着いてからマッサージを行うとよいでしょう。

MITI(マイティ)の副作用や注意点

MITI(マイティ)の脂肪溶解成分として使用されているPPCとデオキシコール酸は、高い痩身効果が知られていますが、周辺の組織にも炎症を起こすため、注射後半日から1週間程度は、注射した部分が腫れて筋肉痛のような痛みがあったり、赤みを帯びて熱を感じたりします。

また、PPCは大豆由来成分であるため、大豆アレルギーの人は、アレルギー症状を起こすことがあります。

注入時の痛みと麻酔の有無

MITI(マイティ)は皮下注射ですので、耐えられないほどではありませんが、注入時に相応の痛みがあります。また、お腹周りは太ももなどの広範囲を治療する場合は、何度も注射を打つ必要があります。

クリニックによっては、注射する部位に皮膚に直接塗る麻酔クリームを使用したり、MITI(マイティ)の原液に麻酔薬を混合して注射して痛みを軽減しているところもあります。

ダウンタイムの症状と期間

MITI(マイティ)で起こりやすい副作用として、PPCとデオキシコール酸による炎症があります。MITI(マイティ)では、炎症を抑える成分も配合されているため、他の脂肪溶解注射と比較して、症状は軽度ですが、注射後半日から1週間程度、注射部分の腫れや赤み、熱感があります。

また、注射針が偶発的に毛細血管に接触すると、その部分が内出血して青あざのように見えることがありますが、ほとんどの場合1~2週間程度で自然に消えます。

このようなダウンタイムを考慮すると、結婚式や写真撮影などの予定がある人は、イベント当日から1週間くらいは間を開けたほうがよいでしょう。

まとめ

MITI(マイティ)は、注射することで皮下脂肪を分解・除去するメソセラピーの一種で、脂肪溶解効果が高く体への負担が少ないことで知られています。
注入時の痛みは他の皮下注射と同等程度ですが、注射後1週間ほどは、腫れや赤みといった脂肪溶解の副作用が発生するため、ダウンタイムを考慮してスケジュールを調整するとよいでしょう。