安静にするべきなの?BNLS注射を受けた後の過ごし方について

「BNLS注射を打った後、お風呂やメイクなど普段と同じ生活ができるのか気になる・・・」
「注射を打った場所が内出血で赤くなったり、腫れたりしないか心配・・・」

BNLS注射を受けてみたいと考えているが、注射後のことが気になってなかなか前に踏み出せないという人は多いです。

BNLS注射で溶かした脂肪をうまく排出させるためにも、注射後は注入した有効成分を循環させる取り組みをするほうが良いです。

このページでは、BNLS注射後の過ごし方やダウンタイムについて解説しています。

BNLS注射は他の美容注射とは過ごし方が異なる

BNLS注射以外にもボトックス注射やプラセンタ注射など、たくさんの美容注射が存在します。
注射をした後の過ごし方は、注入する薬剤によっても変わってきます。

例えば、皮膚からボツリヌス菌を注入するボトックス注入の場合、注射の成分を体内に拡散させないために4~5時間は安静することが理想です。
これに対して、BNLS注射後の過ごし方は、ボトックス注射とほぼ真逆と捉えてください。

BNLS注射の薬剤は、注入した部位の脂肪を分解する作用があります。
分解して溶かした脂肪を体外へ排出させることで脂肪量が減ったことになり、見た目の変化が現れます。
逆に、脂肪を排出させることが出来なければ、再び脂肪に戻ってしまいます。

効果をより早く出すためにも分解した脂肪を、体外へ排出させる必要があるため、基礎代謝を上げるための運動やマッサージなどが有効になります。

注射によって針を刺した患部は大事にする必要がありますが、BNLSには抗炎症創傷治癒効果がありますので、ボトックスの時よりも遥かに早く傷口が回復すると考えて良いでしょう。

同じ「注射」ということで類似の扱いを受けることの多いBNLSとボトックスですが、この両者は成分や作用が全く違うため、それぞれに合った過ごし方をすることが理想と言えます。

BNLS注射を打った当日の過ごし方

BNLSを受けた後に運動をしても良いのか?


注射針を刺したばかりの当日は、患部を刺激し過ぎないためにも、ウォーキングなどの軽めの運動に留めておくことが理想となります。

基礎代謝を高めてくれるウォーキングやランニングは、BNLSによって血液に溶け出た脂肪細胞のスムーズな排泄に繋がる取り組みとなりますので、普段は全く運動をしない人でもなるべく動く努力をした方が良いと言えるでしょう。

30分以上のウォーキングは体内の脂肪細胞を燃焼してくれる作用がありますので、BNLS注射を気にウォーキングの習慣を付ければ、フェイスラインとボディラインの両方が引き締まる効果が得られます。

BNLSを受けたパーツをマッサージしても良いですか?

BNLSの効果を高めるには、患部周辺のマッサージをすることもおすすめです。特に頬や顎周辺は脂肪や老廃物の流れが悪いパーツとなっていますので、毎日のマッサージを通してリンパの流れを改善してあげると良いでしょう。

またBNLSによって溶け出た脂肪をリンパに流すというリンパマッサージを行えば、顔周辺の血行不良が改善して、くすみや肌荒れなどの肌トラブルが改善しやすくなります。

毎日のマッサージを習慣化すると、肌も次第に引き締まっていきますので、エイジングケアの一環として継続するのもおすすめと言えそうです。

BNLSをした後にアルコールを飲んでも良いですか?

BNLS注射を行ってからの1~2週間は、アルコールを控えた方が良いとされています。BNLS注射によって溶け出た脂肪は肝臓を通って排出されますので、肝機能にこれ以上の負担をかけないためにも、なるべくアルコールを飲まない暮らしをした方が良いと言えそうです。

また肝臓は不規則な生活習慣や食生活の乱れによっても負担のかかる臓器となりますので、BNLSを行った後は可能な限り健康的な生活を送った方が良いということを覚えておいてください。

BNLSをした後にダイエットをしても大丈夫?


BNLSをした後は、基礎代謝を高める健康的な生活を送ることが理想となります。そのため、ウォーキングや半身浴などを活用したダイエットはおすすめとなりますが、過度な食事制限によるストイックな方法は推奨できません。

断食などのストイックなダイエットは、からだ全体の代謝を下げることにも繋がりますので、なるべく避けた方が良い存在と言えるでしょう。

まとめ

安全性の高いBNLS注射の後は、ボトックス注射後のような安静や神経質になる必要がないと言えそうです。BNLSの特徴は「注射後の暮らしによって効果が高まること」ですので、注射の成分を上手に働かせるためにも、基礎代謝を高める生活を心掛けるようにしてください。