BNLSに挑戦する人の中には、施術後のリバウンドについて不安になっている方々も多く見受けられます。今回は、BNLS注射後の効果の持続性やリバウンドに関するお話を、詳しく解説していきます。

BNLS注射でリバウンドが生じることはないのでしょうか?

BNLSは、リバウンドの起こらない脂肪溶解注射です。BNLS注射から3日ぐらい経つと、徐々に脂肪細胞が分解されて、フェイスラインに生じていたたるみや二重アゴが解消していきます。

またその効果は1週間~2週間目で最大値に達すると言われていますので、注射直後から毎日脂肪の分解や代謝がスムーズになると考えて良いでしょう。

BNLS注射に含まれる成分は、脂肪細胞の30%を減少させることができますので、急激な体重増でも起こらない限りは、施術によってスリムになったフェイスラインがキープされると考えて良さそうです。

BNLSをした後に注意すべきことはありますか?

BNLSによってスリムになったフェイスラインやボディラインを保つには、注射によって分解された脂肪を再びつけないことが重要となります。

リバウンドがないことで知られるBNLS後であっても、過食によって体重が数十kgもアップすれば、その影響はフェイスラインなどに生じてしまうのです。

また体重増によって生じるフェイスラインのたるみは、「新たな脂肪が付いたもの」と考えられますので、BNLSの失敗とも言えるリバウンドとは全く異なるものだと捉えた方が良いと言えるでしょう。

前述のとおりBNLSによる脂肪分解は約1ヵ月続いていきますが、それ以降のフェイスラインを保つのは、体重管理と健康管理が大きく影響してくると考えた方が良そうです。

BNLSの効果をアップするためには何をすれば良いでしょうか?

BNLS注射後の1ヵ月間は、有効成分によって分解された脂肪の排出をサポートする生活習慣にシフトすることが理想となります。毎日行う散歩やウォーキングは、血液中に流れ出た脂肪の排出を促す作用があると言われています。

また1日1.5~2リットルの水を飲んでいる人は、血液やリンパの流れが非常に良い傾向がありますので、BNLSの効果を高めるためにミネラルウォーターなどを摂取する習慣をつけても良いでしょう。

BNLSの作用を高める方法は美容クリニックでも提案していますので、更なる効果を求める人は、担当のドクターに相談をしてみてください。

BNLSを行えばアンチエイジングの必要もなくなりますか?

BNLSによるシワやほうれい線の改善効果は、施術から1ヵ月がピークになります。

2ヵ月目以降になると、脂肪が付きにくい状態がキープされるだけになると考えられますので、シワやほうれい線という加齢による肌トラブルの対策は、別途行った方が良いと言えるでしょう。

30代以上の女性はコラーゲン不足によるたるみやほうれい線が生じやすい年代と言えますので、BNLSによる引き締め効果に満足せず、日々のアンチエイジングを継続することが理想と言えそうです。

まとめ

「リバウンドが起こらない脂肪溶解注射」と言われるBNLSにも、急激な体重増などの理由によって、再び脂肪が付く事例もあると言えそうです。

無理なダイエットをせずにスッキリとしたフェイスラインに生まれ変わるBNLSですが、せっかく手に入れた小顔を維持するためには、食習慣の改善などの努力も必要になると言えるでしょう。

BNLSの施術中にウォーキングやマッサージを始めると、脂肪溶解やリンパ循環の作用がアップしますので、注射によって体内に入った成分を有効活用するためにも、「リバウンドをしない取り組み」にチャレンジしてみても良いでしょう。

またBNLSによってスッキリ顔を手に入れた人の中には、痩せることへの楽しさを知ることで、ダイエットへのモチベーションを高める方々も多いと言われています。