メスで切らない小顔施術!BNLS注射に痛みや炎症はある?

メスを入れずに小顔を目指せるBNLSは、美容雑誌やメディアで多くの紹介されている話題の小顔注射です。今回はBNLS初心者の皆さんが気になっている痛みや炎症に関する話をしますので、ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

BNLSは痛みが少ない注射って本当?

1回の施術で1~2ccの有効成分を注入するだけのBNLSは、他の脂肪溶解法と比べて、痛みの少なさで定評のある存在となっています。

一般的なBNLSは、細い注射針を使って脂肪分解成分を注入していきますので、インフルエンザの予防接種と同じレベルの痛みで済む施術と考えて良いでしょう。

BNLSの場合は、皮膚に太い針を刺す採血や点滴のような強い痛みは生じませんので、針を刺されることを苦手とする人でも我慢ができる範囲の治療法と言えそうです。

脂肪溶解注射の後に腫れが生じたことのある私でも大丈夫?

ボディに使われることの多い脂肪溶解注射は、配合成分の特性上、腫れや炎症が起こりやすい問題がありました。

これに対して顔を中心に使われるBNLSは、薬剤の中に抗炎症創傷治癒効果のある成分が含まれているため、注射針を刺したことによって生じる痛みや炎症を、注射液自らの力で回復させることができるのです。

BNLSに含まれる成分は植物から抽出したやさしいエキスとなりますので、毒素によって筋肉をコントロールするボトックス注射よりも、遥かに安全性の高い存在となります。

脂肪溶解注射やボトックス注射という従来型の小顔注射は、痛みや腫れという副作用に似た問題がありましたが、この部分を解消しているBNLSは、痛みの感じやすいフェイスラインという部位であっても患者さんに負担をかけずに施術を行えるのです。

心配なので麻酔をお願いすることはできますか?

多くの美容クリニックでは、痛みを恐れる患者さん向けに簡単な麻酔を用意しています。

比較的痛みが少ないBNLSの場合は、クリームタイプの表面麻酔が用いられることが多いため、施術にあって不安が強い場合は、主治医と相談した上で麻酔を利用してみても良いでしょう。

麻酔は別途料金がかかりますので、さまざまな部位にBNLS注射をする人は、費用の面の相談もしておいてください。

BNLSの注射後に運動をすると痛みが強くなりますか?

安全性の高いBNLSは、ボトックス注射後のような安静が要らない小顔注射となります。

注射針を刺した患部については、多少の痛みが残ることもありますので、施術の当日は激しいスポーツを避けて、ウォーキングや半身浴などの基礎代謝を高める運動に留めておくのが理想と言えるでしょう。

またBNLS注射をした患部は、針の挿入によって若干の炎症状態になっていますので、化粧水を付ける時のパッティングなども当日は避けた方が良いと言えそうです。

BNLSの注射実績の多いクリニックを選びましょう!

BNLSによる痛みを回避するには、小顔注射実績の多いクリニックやドクターを選ぶことが理想となります。

BNLS注射の症例数が多いクリニックでは、サイト内に実例などを掲載していますので、「自分が注射を希望するパーツの実績があるのか?」という点を確認しておいた方が良いと言えるでしょう。

またサイトだけでは情報を確認できない場合は、問い合わせフォームなどを利用して、実績や痛みの有無について聞いてみるのもおすすめです。

まとめ

植物から抽出された成分でスッキリとしたフェイスラインに導くBNLSは、他の注射と比べて痛みや副作用が生じにくい存在と捉えて良さそうです。

抗炎症作用の強い成分が入っているBNLSは、ダウンタイムが短いことでも知られていますので、翌日の仕事への影響を懸念する人でも安心してチャレンジできる小顔注射と言えるでしょう。