BNLS注射をうけて小顔を手に入れた方も中にはいるでしょう。しかし、以前と同じ生活をしていては元の状態に戻ってしまう可能性もあります。そこでBNLS注射で手に入れた小顔を維持するためのマッサージのやり方について紹介していきます。

小顔マッサージでBNLS注射の効果をアップ!

BNLS注射は頬や顎についた脂肪細胞を溶かして、顔を小さくすることが出来る美容技術です。BNLS注射をして後数日たてば自然と効果が現れてくるのですが、もっと早く効率よく小顔を手に入れ、そして維持するためには自分でできる小顔マッサージがオススメです。

小顔マッサージのやり方を知っていれば、より自分が理想とする小顔が維持しやすくなります。

表情筋を鍛えることの大切さ

小顔マッサージといっても、方法はたくさんあります。インターネットで検索してみると様々な方法が見つかり、どれを実践していいかわからなくなります。

まずは小顔マッサージの方法を知るというよりも、マッサージをすることの意味を知ってほしいです。最も大切なのは、顔の筋肉をほぐして鍛えることです。

「表情筋」という言葉を聞いたことがあると思います。表情筋は顔にある筋肉のことで、表情を変えるときには、自然に表情筋を動かしています。この表情筋が硬くなってしまったり、鍛えられていないと、表情が作りにくくなります。

最近は特にパソコンやスマホに夢中になる人が多く、表情筋を使う機会が減っている傾向にあります。そのため、表情筋があまり使われず顔の筋肉が硬く衰えます。

顔に筋肉があること、そして柔らかいことが、キュっと引き締まった小顔にも繋がりますので、小顔のためには表情筋を鍛えることが大切です。

簡単にできる小顔マッサージのやり方

小顔マッサージをするときに、使うのは基本的に指の第二関節です。グーの形を作って、関節が直接当たるようにします。小顔ローラーを使用しても良いのですが、自分の手で刺激を加えるほうが、力の調節がしやすくて楽です。

フェイスラインのマッサージは、グーのままフェイスラインに第二関節を添わせて、顎から頬に向かって、頬を持ち上げるようにして耳の付け根のリンパ節までマッサージします。その後、そのまま首筋を通ってデコルテまで流すように手を動かすと、より効果的です。

関節部分は適度に気持ちがいいですが、摩擦して肌荒れする恐れもあるので、必ずクリームやオイルなど、滑りがいい状態でマッサージするのがおすすめです。できれば、朝起きた時と夜寝る前におこなうと効果的です。

朝は顔がむくみやすいので、そのむくみを改善するために行います。夜は少し時間をかけて、全身のマッサージと一緒におこなうと、血流もよくなって眠りの質が向上します。

まとめ

BNLS注射では脂肪を溶かして体外に排出することができるのですが、以前と同じ生活習慣であれば元の」顔に戻ってしまうこともあります。ですから、小顔マッサージを継続的に行って、小顔を維持することが大切です。

小顔マッサージは朝のむくみ解消にも繋がりますから、是非、取り入れて頂きたいです。

BNLS注射を取り扱う人気美容外科クリニック

当サイトに掲載中の美容外科クリニックを紹介しています。

美容外科クリニックを今すぐチェック