お腹に赤ちゃんがいるけど顔にBNLS注射をするのは大丈夫なのか?授乳中にBNLS注射の治療をうけても乳児には影響ないの?

BNLS注射は植物由来の成分を主成分として安全性の高い治療となります。そのため多くのママさん達に注目されている小顔注射です。妊娠中や授乳中にBNLS注射ができるのかどうか気になっている方もいるでしょう。

そこで今回は妊娠中や授乳中のママさんでもBNLS注射を受けられるのかという疑問の答えを中心に、BNLS注射の安全性や副作用について解説していきます。

妊娠中はBNLS注射を避けたほうが良い理由

BNLS注射と並んで小顔矯正に使われるボトックス注射の場合は、説明文書に「注射後の2ヵ月は避妊をすること」や「妊娠中の胎児への安全性は確認されていません」という注意事項が記載されています。そのため、基本的に妊婦がボトックス注射の治療を受けることはないようです。

これに対して副作用の少なさで知られるBNLS注射の場合は、「植物由来の成分で安心」という理由で、妊娠中に挑戦しようとする女性も多い実情があります。

しかし、妊娠中の女性は、なるべくBNLS注射を控えた方が良いです。妊婦さんがBNLS注射をしたことでトラブルが生じた、胎児に何かしらの影響あったなどという報告されていません。しかし、100%安全か確率されているかどうかというデータがないのも事実です。

ですから、乳児えの影響や体の負担になることを避けると考えれば、妊娠出産を終えるまではなるべく受けない方が良いと言えるでしょう。

妊娠中の顔のむくみ対策について

ホルモンバランスに変動が生じる妊娠中は、顔のむくみや顔のサイズアップが生じやすい時期となります。BNLS注射に頼りたいと思うかもしれませんが、妊娠出産、授乳を終えるまではホルモンバランスや体型がどんどん変動する傾向があります。

ですから、BNLS注射は避けて日常生活の中で実践できるリンパマッサージなどに留めて体を休めることが理想となります。また、妊娠中の浮腫みやサイズアップが気になる女性には、BNLS注射ではなくマタニティエステもおすすめとなります。

妊娠中はBNLS注射は避けて、自分の体に合う施術を選ぶことが理想と言えるでしょう。

授乳中にBNLS注射を避けたほうが良い理由

授乳中は自分の体の栄養素を母乳から赤ちゃんに届ける時期です。有効成分を植物から抽出したBNLS注射は安全性の高さで知られていますが、その薬剤が母乳を通して赤ちゃんの体内に入った時でも絶対に安全であるという保証はありません。

また母乳を飲んでいる赤ちゃんは、胃腸の発達途上ということで、体内に入ってくるさまざまな成分を外的刺激として認識することもありますので、アレルギーなどのトラブルを起こさないためにも、授乳中はBNLS注射をしないことが理想と言えるでしょう。

妊娠中や授乳中は自分と赤ちゃんの健康を考える!

妊娠中や授乳中の女性は、自分と赤ちゃんの健康を保つことが最優先となります。ですので、多少なりとも体への負担やストレスのかかる脂肪溶解の施術はなるべく避けた方が良いとです。

脂肪溶解や脂肪分解作用のある漢方薬やサプリメントも、体への負担や流産の確率を高める存在となりますので、妊娠中は痩せることよりもたくさんの栄養を赤ちゃんに送ることを中心に生活をした方が良いです。

BNLS注射のできない妊娠中はマタニティウォーキングやマタニティスイミング、簡単にできるマッサージなどを活用して、血行不良を改善するようにしてください。運動やマッサージを通して血行が良くなると、さまざまな不調をもたらす浮腫みなども解消します。

また適度に動いているママは出産への体力アップというメリットも得られますので、妊娠中は注射を使った痩身法ではなく、自然に体を動かすことに専念するのが理想です。

まとめ

安全性が高く、麻酔の必要のないBNLS注射であっても、ボトックス注射などと同じように「妊娠中は控えること」という注意を頭に入れておいた方が良さそうです。

BNLSを取り扱う美容クリックでは、妊娠中や授乳中の女性に合う小顔メニューを提案していますので、まずはリスクのない方法を探すことから始めてみてください。

BNLS注射を取り扱う人気美容外科クリニック

当サイトに掲載中の美容外科クリニックを紹介しています。

美容外科クリニックを今すぐチェック